玉城 絵里奈 
女性起業コンサルタント
行政書士

玉城 絵里菜(たまき えりな)

女性の心に寄り添った起業支援が私の強みであり、私が提供できる価値です。

私は24歳のとき、女性起業支援に特化した行政書士事務所を開業しました。
私自身、行政書士として起業を決意するまでに「失敗したらどうしよう・・・」「リスクが怖い・・」
という、 たくさんの不安や葛藤から起業に踏み出すことを躊躇しました。

□ 誰に相談していいのかわからない。
□ こんな初歩的なこと聞いていいの?
□ まず何からはじめたらいいの?

起業を目指す女性たち誰もが、こういった不安や疑問を抱くのではないでしょうか。
起業準備が進んでいけばいくほど、 今後のビジョンが具体的になればなるほど、
次から次へと湧き出るように「不安」や「疑問」が出てくるものです。

行政書士として、起業家として、そして何より女性として実際に感じてきたこと、
悩み苦しんだ経験から得たこと、同じ視点だからこそできるアドバイスがあります。

「好きなことだからこそ、きちんと結果を出すこと」が重要だと考えます。

「起業」と一言でいっても、様々なサイズや形があって、 一人一人目指すステージは違います。
会社を立ち上げてバリバリ稼ぐという形もあれば、個人事業主として平均的な収入を
得るための起業や、好きなことで家庭を優先しながら行うプチ起業・・

どれをとっても立派な「起業」です!  
大切なのはどのサイズか?どの形か?ではありません。

誰かとの比較ではなく、自分の目指すステージに合わせた達成感を得ることが大切です。
趣味の延長でもなく、おままごとでもなく、 自分基準での成功を手に入れてほしいと私は考えます。
しかし、女性起業家は男性に比べて知識・ノウハウの習得の機会や、
人的ネットワークの形成の機会が少ないうえ、起業しても育児・介護・家事等の女性ならではの
問題により、事業継続が難しくなるケースもあり、廃業率が高い傾向にあります。
人脈作りや、知識の習得、ビジネスプラン作り・・・等、
段階を踏んで準備を整える期間を設ければ、不安もリスクもぐっと軽減すると思います。

行政書士として、法務サービスを通して、女性がローリスクで起業するためのお手伝いが
できればと思っています。
沖縄が、日本中が、キラキラした女性たちでいっぱいになるよう、
心を込めて「あなたにとっての成功」をサポートします。

上へもどる